MENU

ダイエット(ダイエットと基礎代謝)

 

効果的にダイエットをするためには、「基礎代謝」についての知識を持っておくことが大切です。

 

「基礎代謝が少ない」ということは、即、肥満の原因に結びつくものです。基礎代謝とは、横に寝て全然体を動かしていない状態でも、さまざまな生命活動のために常に使われているエネルギーのことをいいます。この基礎代謝は個人によって差があり、10代後半位までは年々増え続け、それ以降は低下することになります。人によって差はありますが、40歳を過ぎると急激に下降することが多く、年とともにダイエットが難しくなる原因のひとつと考えられています。

 

また年齢を重ねるにつれて、多くの人の場合、運動量も筋肉量も減ることになり、体脂肪率がじわじわと上昇しはじめます。ですから、ダイエットプランを立てる際には、若い頃と同じ方法をとるのではなく、自分の実年齢に見合ったダイエット方法を考えることも大切になります。

 

肥満を防ぎ、効果的にダイエットをするためには、基礎代謝をあげることが必要不可欠と言えるでしょう。無理な減量によるダイエットではなく、食生活の改善と適度な運動を組み合わせることによって筋肉量を増やし、体脂肪を減らすことが重要となります。

 

 

 

 

ダイエット(ダイエットと有酸素運動)

 

体に貯め込まれた脂肪を燃やして引き締まったプロポーションをつくるためには、食生活の改善によるダイエットだけではなく運動が必要となります。また運動不足の解消はインシュリンの分泌を抑える効果も持っているため、ダイエットにも役立つということができます。ダイエット中に意識して行いたい運動としては、筋肉を増やす運動や、脂肪を燃やす有酸素運動などがあります。いずれの場合も、ダイエット中に行う場合には、体に負担がかかり過ぎないように注意する必要があるでしょう。

 

有酸素運動とは、エアロビクスやジョギング、ウォーキング、長距離の水泳など、体脂肪を燃やすのに最も適していると言われる運動です。脂肪を分解するためには十分な量の酸素が必要ですが、体脂肪が燃焼するのは運動開始後約20分くらいからのことになるため、有酸素運動は、ある程度長い時間続けることが大切となります。ダイエット中の生活に積極的に取り入れたいのが、この有酸素運動です。

 

運動を終えた後も、体の中ではじわじわと脂肪が燃焼し続けていくことになるため、有酸素運動は朝一番に行うのが効果的といえます。栄養バランスのとれたダイエット食と有酸素運動を、毎朝の習慣にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

ダイエット(ダイエットと運動に関する注意事項)

 

健康的で美しいプロポーションのためには、「ダイエット」と「運動」という両面からのコントロールが必要となります。「ダイエットだけ」、あるいは「運動だけ」では、理想的なプロポーションを実現するのはなかなか難しいのではないでしょうか?

 

ダイエットに関しては、いくつかの注意事項があります。総摂取カロリーがオーバーしないように気をつけるのはもちろんのことですが、脂肪や糖分などの栄養素の採り過ぎも、ダイエットの大敵と言えます。ダイエット中の食事は、総カロリーとともに、個別の栄養素についても注意を払うようにしましょう。

 

運動に関しては、基礎代謝をあげることが大事です。基礎代謝量は、間違ったダイエットや運動不足などによって下がっていきます。過激なダイエットで極端に食事を減らしたりすると、基礎代謝量は急激に下がってしまうことになりますが、これは、自己防衛機能によって、少ないエネルギーでも自分の体を動かすことができるように体が変化していくためです。一度、体がそのような状態になると、食べ過ぎているわけではなくても、太りやすい体質になってしまいます。基礎代謝量は、適度なスポーツを継続して行うことで、アップさせることができます。